不動産買取業者を選ぶ時の注意点は「安易に業者を選ばないこと」

2017年9月23日

不動産買取業者を選ぶ時は「会社が大手だから」や「営業マンの感じがいいから」などで選ぶと損してしまう可能性があります。業者選びを間違えると買取り価格が落ちてしまう可能性があるので慎重に選ぶべきです。
【家を少しでも高く売るには?】3つの心得|相場・費用や価格交渉の方法

現在では、不動産一括査定サイトがあり、簡単に個々の不動産会社の査定額が見れます。その中でも一番高く査定額を示してくれた会社と交渉すればいいでしょうし、だいたい他の不動産会社の査定額もわかりますので、不動産一括査定サイトを利用するのが良いでしょう。

しかし、不動産買取業者を選ぶ時に「宅地建物番号取引業の免許番号の更新回数チェック」している人もいてると思います。宅建業の免許番号は()内が免許更新回数になり、ここに書かれている数が多いほど業歴が長いということになります。しかし、業歴が長いからといって信用するのは要注意です。業歴が長い不動産会社は高齢者の社長が営業していることが多く、やる気があまり感じられない会社が多くあります。不動産業というのは廃業率は他の業種と比べて極端に低いため、更新回数だけで不動産買取業者を選ぶのはよくありません。意外と「最近不動産買取りを始めました」という会社の方がやる気もあり、売主のために頑張ってくれます。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です